FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

黒ヒゲの釣り探訪記

福島から太平洋、日本海へ。

 

ランディングシャフト 

折れてしまったPROXのランディングシャフトの後継を探していた黒ヒゲですが

ようやくある一つに絞ることができ、無事購入となりました。

ヒラメ塾長が使用している黒鯛工房は手が出ない。

かといって、また安い奴だと折れるだろうし。

絞り込んだのは

ダイコー





シマノ

シマノ オシア ランディングシャフト 550

シマノ オシア ランディングシャフト 550
価格:23,910円(税込、送料別)




昌栄




この3つにしたわけですが

後輩がシマノを購入とのことで、こちらはナシ。

昌栄とダイコーどちらが・・・・。


長さで比較すると

昌栄5.7m

ダイコー6m

カーボンはどちらも99%

重さが

ダイコー470g

昌栄540g

となると、いつもベストの後ろにネットキーパーでぶら下げていることから

を少しでも軽いほうがテトラの上・磯場を歩いたりするには楽。

もう一つ。ネットキーパーから外そうとしたとき仕舞寸法が長いほうが外すのが楽。

短いと後ろに手がまわらない(笑)しかも上にあげて外すのでさらに手がまわらない(笑)

ということでダイコーにしようかと。あと6mと長いので自分の行こうとするフィールドはカバーできると判断。


今度は折れないように、注意しなきゃ。

それとテトラの隙間とかに落とさないようにしないと・・。

関連記事
スポンサーサイト

Category: タックル

tb 0 : cm 0