FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

黒ヒゲの釣り探訪記

福島から太平洋、日本海へ。

 

庄内シーバス 

波、風と荒れ模様の庄内。




現地に先に行かれてる、お師匠さんと下氏から状況連絡を受けて、一路庄内へ。



久しぶりに山田氏、先輩ヨースケ氏と釣行。




Kに着くと、南からの風が入っています。



磯、テトラにぶつかる波は、高く上がりサラシもでています。




エギングからやってみるが、反応がないため


早々にシーバスに切り替える。



G-クラフトmonsterJETTY1002に、なんとか庄内シーバスを入魂させたい。その思いで時折、波をかぶりながら際をバイブレーションで攻めてみる。


たまに、沖を照らすとシーバスが居てもおかしくないような感じがする。まさにそれは、動物的感覚。



満潮から、下げの時間帯。


攻める方向は、向かい風。


キャストしても、距離は伸びない。



相馬沖堤でシーバスをやっているかのような感じに思えてきた。




着水後、カウントダウン。


若干、スロー気味に巻いてくる。


このルアーは、スローでもアピール抜群。濁っているときこそ、このルアー。


ただ、今は売っていない『オシアバイブ』




そういえば、昨年、真鯛をあげたのも『オシアバイブ』。



信頼しているルアーです。






層を意識して、平行に引くことをイメージして、しばらく…




コツン!…コツン!




あたった!!




もう一度、同じように着水後まもなく




グン!!




MonsterJETTY 1002のティップが入っていきます。



合わせを入れて、勝負開始。




荒波の中で、シーバスが暴れているけど



ロッド・リールがそれを落ち着かせるかのように、いなしてくれてます。




さすが、Gクラフトとセルテート。



ランディングまで持ち込み



三人でハイタッチ。



それもそのはず、自己新記録・・・たぶん(笑)



75cm見事な庄内シーバス







これだから


庄内まで来るんです(笑)



関連記事
スポンサーサイト

Category: シーバス

tb 0 : cm 2